メガネザルと呼ばれた女

私は小学生の頃から毛深くて悩んでいました。普段は大丈夫だったのですが、プールの時間などで当時、腕や背中の毛を剃っていなくて男子などにからかわれてしまい、あだ名がその時メガネを掛けていたで’メガネザル’になってしまったんです。もう恥ずかしくて凹んでましたのを覚えています…。

それ以来腕毛や足の毛などを自己処理するようになりました。しかし私は肌も弱く剃ると肌がかぶれて痒くなってしまうので2?3日に一回自分で剃っていました。なので夏の時期はタンクトップ、キャミソールなんてもってのほかひたすら半そでのTシャツもしくは日焼け対策といって長袖の薄いカーディガンを羽織るようになりました。

そんなある時ちょうど半そでのポロシャツを着ていた時友達の腕に私の腕が当たってしまい友だちから腕ジョリジョリするねと言われてしまいました、自己処理が甘かった自分が悪いのですが恥ずかしくて穴があったら入りたかったです。

その時から脱毛を考えていましたが、なんせ中学生とか高校生ぐらいの時だったのでそんなお金もなくありません。また小学生でも脱毛できる脱毛サロンもありますが、当時はそんなものはなく、ほぼどこのサロンも20歳からのスタートだったのであと何年も自己処理で肌を痛めつけなくてはいけないのかと絶望していました。

そのときからことコツと貯金をして一昨年20歳になった時を機にサロンではなく永久脱毛が出来る医療外科の脱毛を受けました。サロンだと期間が比較的長くかかってしまいますが私が受けたのは効果はバツグンでたった3回いっただけでほとんど自己処理しなくて済むぐらいのレベルまで行くことが出来ました。

しかし、予算的に人からみえる部分つまり腕や足などしかできなかったので私と毛の戦いはまだこれからも続きます。自分の体質なのでどうする事も出来ないんですが世の中には自分よりも毛深い人がいるんだと思ってこれからもがんばって生きていこうと思います。笑

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です