あまりケチりたくない交際費

自営業を現在しているのですが、その関係も含めてどうしても嵩みがちとなるのが「交際費」となります。
より多くの人と知り合い、切磋琢磨しながら自分自身も成長しつつ自らの店やこれからのアイディアを捻出しようと毎日苦慮する中で、どうしても人に合う場所では「入会費」や「パーティー費用」・「その他付き合いの為の飲み会費用」など、避けては通れない出費が発生します。それも、月に1度や2度ならばいいのですが「週1~2回以上」というハードなスケジュールも続く場合もあったりするのです。
私は大体一回につき、「5,000~10,000円」の範囲で出費が発生します。そうすると合計金額としては「40,000円~80,000円」という高額な状況となり、本来の目的の自営業の経営を多少なりとも圧迫してしまうのです。
また、当たり前ですが、普通に生活しているとどうしてもそれに加えて、「食費」・「服飾代」・「光熱費」など毎月のように発生する金額は減らすことは出来ません。
比べると、ある人は「交際費」は減らせるのではないかと助言してくれる方もいらっしゃいますが、自分にとっての優先度はかなり高いものとなっており、実際に人にお会いしに行った際に、「お金がないから・・」などと言い出すわけにもいかないと考え、悪い癖ではあるのですが見栄をはってしまうことも多々あります。
そういった前にも後ろにも引けない時はどうするかですが、やはり行きつく先はおそらく多くの方と同じ「食費の削減」になります。
朝食を出来るだけ簡素なコーンフレークなどのみにしておき、昼食はワンコインで済ませます。夜は付き合いのある場合は豪勢なものとなりますが、基本の内容はメインの一品に野菜とビール1缶。いつも豪勢な付き合いをしている方が見られたらどう思うか気になるぐらい、その差は歴然な内容です。

一度お金で失敗して過払い請求もしたことがあるくらいの身なので、お金には敏感です。過払い請求後カード作れるかについて調べてみると、意外と同じような境遇の人がいて驚きました。
上手な交際の仕方、上手なお金の使い方は本当に今の自分には課題となって重くのしかかっている問題です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です